「場内指名」とは?

キャバクラでの指名の種類は主に2つ。そのうちの1つが「場内指名」。B指名とも言われたりするね。知っておくと通っぽいかも。
この場内指名っていうのは、お店の中で気に入った子や気になった子を見つけて、その場で指名すること。
参考:キャバクラのA指名B指名って何ですか?

場内指名ができるのは、フリーでお店に入ったお客さんたち。
つまり、お目当の女の子が特にいるわけではなく、お店そのものに興味があった場合や、フラッと立ち寄ったケースだね。
そうしたフリー客が店内に入ってテーブルにつくと、黒服が適当に女の子を同席させてくれるんだけど、60分のセットなら、だいたい3人前後の女の子を順番につけてくれる。
その中で興味が湧いたり、もう少し話してみたいと思った子がいたら場内指名をして、その女の子と一緒にお酒やトークを楽しむってわけだ。

一緒に飲んでいない女の子の指名も可能

フリーの場合には黒服のスタッフさんが女の子を数人テーブルにつけてくれて一緒に飲むことができるけど、場内指名は別にその中から選ばなければならないわけではないよ。
他のテーブルについている女の子でも気になれば指名してもいいし、店内を歩いている女の子に一目惚れしたなら、その子を選んでもOKだ。

どうしても気になる子がいない場合には、指名しなくても問題はない。
初めて行ったお店では、そういう日も全然あるしね。
料金に関しては次に説明する本指名と同じか、少し安く設定されてるお店が多いかな。

「本指名」とは?

本指名というのは、お店に入ると同時に特定のキャバクラ嬢を指名すること。場内指名みたいに、店内でちょっと過ごしてから指名するのとは違って、もう最初から一緒にお酒やトークを楽しみたい女の子が決まってる時には、この本指名システムを利用することになるぞ。

本指名を使うお客さんは、何度もお店に通ってる常連さんがほとんどだね。
特定の女の子に会うためにそのお店に来ていて、それ以外の女の子には目もくれないのが、この本指名ってわけ。
場内指名のB指名に対して、この本指名は場外指名やA指名って呼ばれることもあるよ。

常連ではなくても本指名は可能

店頭に写真が飾られてて、それを見て本指名する男もいるし、ネットや雑誌や噂なんかで知ったキャバ嬢に対して「この子と飲んでみたいな」っていうノリでお店を訪れて本指名する人もいるよ。
それも立派な本指名。店内で指名してるわけではないからね。

最近だとテレビ番組に取り上げられているキャバ嬢の子を見て、その女の子に会うためにお店に行き、本指名する男の人も増えてるらしい。

キャストが「本指名」にこだわるワケ

前回の記事でも書いたけど、キャバクラ嬢は、とにかく本指名にこだわる。場内指名も嬉しくないわけではないけど、その次のステップとして本指名を狙いにくるね。
これは知り合いのキャバ嬢に聞いた話なんだけど、本指名と場内指名じゃ、全然意味合いというか価値が違うらしい。何よりもお給料への響き方が違うんだって。

キャバ嬢の子のお給料って本指名の数によって変わるらしくて、それが増えれば増えるほど時給額がアップするとのこと。
指名本数そのものが時給額に響くお店もあるし、指名を受けるとポイントが追加されていって、そのポイント数に応じて時給が決まるお店もあるらしいよ。
ポイント制の場合は、場内指名よりも本指名の方が多くのポイントが加算されるから、時給アップもしやすいみたい。
となれば、場内指名よりも本指名に強くこだわる理由もわかるよね。

本指名がノルマになっている店舗も

月に本指名を何本獲得しなければならないっていうノルマみたいなものがあるお店もあって、それも本指名にこだわる女の子が多い理由みたいよ。
そりゃそうだよね、本指名を取らないとペナルティーがあるわけだから、必死にならないわけがない。
全てのお店に本指名のノルマがあるわけではないらしいけど、ノルマがありそうなお店は女の子の接客や対応を見ていれば、なんとなくわかるかな。必死さが違うからね。

こういう話聞くと、頑張ってる女の子にはバンバン本指名してあげたくなっちゃうのが男ってもんだよね。

他のお客さんと指名がかぶった場合は?

俺もたまにあるんだけど、他のお客さんと指名がかぶっちゃうことがあるんだよね。同じキャバクラ嬢の子を同時に指名してしまう、みたいな。
特に人気の子だと、こういうことは本当に頻繁にある。

他のお客さんと指名がかぶった場合は、どうしても一緒にいられる時間が減っちゃうよね。
60分セットのお店で、俺の他にも同じキャバ嬢を指名したお客さんがいたら、その女の子と一緒に楽しめる時間が30分ずつになるのが一般的。
つまり、1セットの時間を人数で割って一緒に過ごせる時間を計算するってことだ。その計算は黒服のスタッフがやってくれるよ。

少しでも長く一緒に過ごしたいなら優良客になれ

ただ、黒服も人間だから、お客さんはちゃんと見るよ。態度が悪いお客さんに対しては指名した子の接客時間を短くしたり、逆にたくさんお金を落とすようなお客さんには長めの時間を割り振ったりね。

俺は指名した子とたくさん過ごしたいから、もし他のお客さんとかぶってしまったら、高級シャンパンを入れることもある。そうすればちょっとは長い時間一緒にいられるから。

指名キャストが席を離れたらヘルプが対応

自分の指名した女の子を他のお客さんも指名した場合は、一緒に過ごせる時間が減ってしまうわけだけど、他の時間を1人で過ごさなければいけないわけではないよ。
ちゃんとヘルプの女の子が代わりについて対応してくれるから安心して。

ヘルプの女の子は特に誰からも指名されていない、言い方は悪いけど余ってる女の子であることがほとんど。
ただ、そんなヘルプの子も意外と可愛かったりすることもあって、そういう不意な出会いもキャバクラの楽しいところなんだよね。

本指名のキャストを変更することは可能?

高級クラブなんかと違って、キャバクラの場合には指名を変更するのも問題なし。
本指名したキャストがいても、例えば上で説明したようなヘルプの女の子が合間に接客してくれて、「この子、いいな」と思うことなんかしょっちゅうあるしね。
そういうケースでは、そのヘルプの子に乗り換えても問題はないよ。次回からはその子を本指名にしても、ルール上はOK。

ただね、本指名の変更はキャスト同士の確執を生むよね。キャバ嬢に話聞くと、お客さんが指名を変えたことで、取った取られたって話に発展してトラブルになることも珍しくはないらしい…。

本指名は慎重に決めましょうってこと!初めて行ったお店では、初日にいきなり本指名するんじゃなくて、何度かお店に足を運んでいろんな女の子と接してみて、「この子だ!間違いない!」と確信したら本指名してあげるっていう流れがおすすめだよ。
そうなるまでは場内指名を利用して、女の子のキャラなんかも含めて見極めていきたいね。

まとめ

  • 「場内指名」は、お店の中で気になった子を見つけて、その場で指名すること。
  • 「本指名」は、お店に入ると同時に特定のキャバ嬢を指名すること。
  • 指名がかぶった時にキャバ嬢と少しでも長く一緒に居たいなら、優良客でいることが大切。